ORIJEN

DOG

CAT

キッチン

受賞歴

お問い合わせ


 情報庫/リソース

私たちのBiologically Appropriate™ 「生物学的に適正」な食事は、犬と猫が進化過程で適合し、新鮮で種類の多い肉原材料が含まれた食事で丈夫に育つためのニーズがある、という栄養学的な哲学を基本にしています。

ですから、アカナとオリジンの食事は、猫と犬が自然のままの完全な栄養を得られるよう、高品質の動物性たんぱく質、栄養的にバランスのとれた脂肪酸プロフィール、最小限で低GIの炭水化物、自然から得るビタミンとミネラルが詰め込まれています。

  • 捕獲されたオオカミと野放しのオオカミとの比較

    要約:この文書は、自然の獲物を食べる野生の灰色オオカミと従来の「ドッグフード」を給餌されている捕獲された灰色オオカミの血清生化学を比較しています。この研究は、栄養と運動量、環境が、血清生化学値に大きな影響をもたらすこと、そして、これらの条件が血液分析の判断をする時に、含められるべきだということを実証しています。

  • 高たんぱく質が腎機能にもたらす効果

    要約:この再調査は、種々の哺乳種類、特にコンパニオンアニマルとラットに焦点を合わせ、食餌たんぱく質の濃縮が及ぼす影響について調べたものです。この再調査は、犬では、タンパク質が腎損傷を進行させないこと、そしてラットは、犬における腎機能を査定するに適切なモデルではないことを確証する数多くの研究を代表するものです。再調査はまた、老犬のたんぱく質摂取を制限することは、慢性腎疾患への防御効果に繋がらないことも確証しています。

  • 高たんぱく質と大型犬の子犬

    要約:この論文は、たんぱく質の量を変えてグレートデーンの子犬に与えた時の成長と発達に関する再調査です。この調査では、大型犬の子犬の成長に於いて、たんぱく質の摂取量が、カルシウムの代謝や骨格の異常成長に影響していないことが分かりました。不適切な骨形成は、たんぱく質を沢山与えたグループと少なく与えたグループの間で平均的に分散しているため、大型犬の骨格の発育には、遺伝、そして食事に含まれるミネラルの構成が影響していることを示唆しています。

  • 高たんぱく質と減量 猫用

    要約:この研究は、たんぱく質の多い食事が猫の脂肪の損失に与える影響について調査したものです。それには、肥満の猫にたんぱく質が多く含まれている食事を与えた場合、たんぱく質の量が30%に限られている食事を与えられた猫よりも、脂肪の減少が多かったことを示しています。また、たんぱく質を多く摂取した猫は、除脂肪体重を維持することができ、体重増加の跳ね返りが少ないことも示しました。

  • オリジン白書 – 肉食動物を理解する

    要約:チャンピオン社の白書は、犬と猫の食に関する構造学と彼らの肉とたんぱく質を基礎にした進化的な適合についての再調査から始まり、Biologically Appropriate™「生物学的に適正」な栄養哲学の徹底的な説明を提供しています。白書は、また商業ペットフードの歴史についてや従来のドッグフードとキャットフードがどのようになってきたか、なぜ彼らが商業的原材料を使い炭水化物をベースにしたフードを作り続けているのかについて説明しています。文書は、消費者が飼い犬や飼い猫によく合うフードを選択するにあたって、直面する数多くのペットフードに関する通説の再調査をすることで、結論を出しています。

  • ペットフードの安全性:食餌たんぱく質

    要約:これは、犬における食餌たんぱく質の安全性に関する証拠についての再調査です。この再調査は、タンパク質が、腎臓の機能に悪影響を及ぼさないこと、高齢の動物は、たんぱく質を制限する必要がないこと、また、その制限することが動物の健康に有害であること等の結論を出しています。

  • 猫におけるタンパク質と腎パラメーター

    要約:この研究は、卵巣摘出手術を受けている23匹の雌猫を使って、腎パラメーターでの食餌たんぱく質容量の影響について評価したものです。目的は、たんぱく質が多い食餌をしている猫が、尿検査をした時に、腎機能に検出可能な変化がみられることなく、血中尿素窒素(UN)とクレアチニン値が高くなるかどうかを決定するものでした。無作為事例交差デザインが使われました。

  •  高たんぱく質に関する通説

    要約:この再調査は、犬について、たんぱく質を沢山含んだ食餌と腎不全の関係にまつわる通説や誤信について取り組んでいます。犬について、「タンパク質の摂取を減らすことが腎機能には良いものだ。」という証拠を提供できないという試験的研究の結果が、幾つか報告されています。

BIOLOGICALLY APPROPRIATE™
地元産の新鮮な原材料
他社に製造を任せない