ORIJEN

DOG

CAT

キッチン

受賞歴

お問い合わせ


BIOLOGICALLY APPROPRIATE 「生物学的に適正」子犬用

放し飼いされた新鮮鶏肉、七面鳥肉、天然魚、巣に産み落とされた卵

あらゆる子犬は、その急速な成長と発育を十分に支援するようバラエティ豊かな新鮮丸ごと肉から得るたんぱく質と脂肪が豊富な食事が必要としています。

進化的、生物学的ニーズに従って、栄養豊富なたんぱく質が38%あり、低GI炭水化物が16%に抑えられたフードは、子犬から高齢犬まで、全てのステージの犬に栄養を与えます。

肉の3分の1は、栄養のあるタンパク質の濃縮源となるディハイドレート(新鮮肉を低温で空気乾燥)鶏肉と七面鳥肉です。レンダリングで処理された家禽肉ミールは含んでいません。

他のどの様なフードにも見られない、原材料リストのトップ10に含まれる肉のまる3分の2は、新鮮(保存剤を使わず冷蔵)または生(保存剤を使わず急速冷凍)です。

新鮮な肉や臓器、軟骨に加え丸ごと魚と全卵の栄養がぎっしりと詰まったWholePrey比率が、あなたの子犬に必要な殆ど全ての自然の栄養源を提供します。

フリーズドライ鶏と七面鳥レバーの注入が、オリジンの風味とおいしさを自然に高めますので、たいへん選り好みをする子犬でもとても美味しがります。


あなたの子犬用ドッグフードは、Biologically Appropriate「生物学的に適正」ですか?

野生のいとこ達と同じように、ハンターとして進化を遂げた犬の歯や顎、消化器官は、新鮮で種類の多い肉が豊富に入って濃縮された食事に適してます。Biologically Appropriate「生物学的に適正」なフードは、自然の食事を再現し、次の3つの問に答えます。

肉の量

85%

肉の新鮮さ

how-fresh-pie
2/31/3

肉の種類

how-many-six-fish

肉の量

  • オリジンは、高質肉の含有率では、トップクラスです。

  • All from animals from federally inspected facilities prior to inclusion in our foods.

肉の種類

A variety of meats in WholePrey ratios supply nutrients naturally, dramatically reducing the need for synthetic supplements.

  • 放し飼いされた鶏肉

  • 放し飼いされた七面鳥肉

  • 天然アブラガレイ

  • 巣に産み落とされた全卵

  • 大西洋サバ

  • 天然大西洋ニシン

唯一のサプリメント:亜鉛

自然界には合成サプリメントがありませんので、犬やオオカミは、彼らが健康に発育するためのニーズを満たすよう、獲物を丸ごと食することで自然に完全な栄養上必要な量を得ます。

ですから、オリジンのドッグフードには、合成物質の長いリストがありません。新鮮な家禽肉や臓器、軟骨、プラス丸ごと魚と全卵が栄養のある比率で詰め込まれたオリジンは、あなたの子犬の成長に必要なほとんど全ての自然の栄養源となります。

私たちが愛する原材料。信頼できる人たち。

新鮮鶏肉, 新鮮七面鳥肉, 新鮮イエローテイルカレイ, 新鮮全卵,新鮮丸ごと大西洋サバ, 新鮮鶏レバー,新鮮七面鳥レバー, 新鮮鶏心臓,新鮮七面鳥心臓, 新鮮丸ごと大西洋ニシン, ディハイドレート鶏肉, ディハイドレート七面鳥肉, ディハイドレート丸ごとサバ, ディハイドレート鶏レバー, ディハイドレート七面鳥レバー, 丸ごとグリーンピース, 丸ごとシロインゲン豆, 赤レンズ豆, 新鮮チキンネック, 新鮮鶏腎臓, 鶏肉脂肪, ピント豆, ヒヨコ豆, グリーンレンズ豆,天然鶏肉風味, レンズ豆繊維, ニシン油, 粉砕鶏骨,鶏軟骨, 七面鳥軟骨, 乾燥ケルプ,フリーズドライ 鶏レバー,フリーズドライ 七面鳥レバー, 新鮮丸ごとカボチャ, 新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ, 新鮮ケール, 新鮮ホウレン草, 新鮮カラシ菜, 新鮮コラードグリーン, 新鮮カブラ菜, 新鮮丸ごとニンジン, 新鮮丸ごとリンゴ, 新鮮丸ごと梨, カボチャの種, ヒマワリの種, 亜鉛タンパク化合物, ミックストコフェロール(天然酸化防止剤), チコリー根, ターメリック, サルサ根, アルテア根, ローズヒップ, ジュニパーベリー, 乾燥ラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物, 乾燥プロバイオティクス発酵生成物, 乾燥ラクトバチルスカゼイ発酵生成物.

私たちの生産者の紹介

自然素材の栄養をそのままに

子犬の食に関する解剖学的特徴は、灰色オオカミのそれと同じものです。それは、多くの加工工程を経由した炭水化物や澱粉の食事ではなく、種類が多く新鮮な肉とたんぱく質、脂肪が豊富な食事を食するよう進化してきたことを意味します。

  • 保証成分
    母なる自然を再現するよう考案されました。

    粗たんぱく質(以上) 38 %
    粗脂肪(以上) 20 %
    粗繊維(以下) 6 %
    水分(以下) 12 %
    カルシウム(以上) 1.2 %
    リン(以上) 0.9 %
    オメガ6脂肪酸(以上) 3.5 %
    オメガ3脂肪酸(以上) 0.8 %
    DHA(以上) 0.2 %
    EPA(以上) 0.2 %
    グルコサミン(以上) 700 mg/kg
    コンドロイチン硫酸(以上) 600 mg/kg
  • ビタミンとミネラル
    完全で均衡が取れ、天然

    オリジン・フードは、自然に栄養を提供する肉と臓器、軟骨を比率よく組み合わせた自然の食事を再現し、サプリメントを亜鉛のみに制限しています。

    ビタミン

    ビタミンA 15 kIU/kg
    ビタミンD3 1.2 kIU/kg
    ビタミンE 200 IU/kg
    チアミン(B1) 20 mg/kg
    リボフラビン(B2) 25 mg/kg
    パントテン酸(B5) 25 mg/kg
    ナイアシン(B3) 115 mg/kg
    ピリドキシン(B6) 20 mg/kg
    葉酸 2.5 mg/kg
    ビタミンB12 0.1 mg/kg
     コリン 2200 mg/kg

    ミネラル

    ナトリウム 0.35 %
    塩化物 0.5 %
    カリウム 0.7 %
    マグネシウム 0.1 %
    マンガン 15 mg/kg
    セレニウム 1 mg/kg
    150 mg/kg
    亜鉛 250 mg/kg
    20 mg/kg
    ヨウ素 2.2 mg/kg
  • アミノ酸
    天然源100%

    自然界では、犬とオオカミは、餌動物や魚を丸ごと食することで、完全で栄養上必要な量を自然に得ています。オリジンも同じように、自然でとても良く体に行き渡る状態にある源から得た必須アミノ酸を提供します。

    リシン 2.85 %
    トリプトファン 0.4 %
    トレオニン 1.6 %
    メチオニン 0.85 %
    ロイシン 2.8 %
    バリン 1.85 %
    イソロイシン 1.6 %
    アルギニン 2.5 %
    フェニルアラニン 1.5 %
    ヒスチジン 0.97 %
    システイン 0.35 %
  • ハーブの含有
    草と雑草を探す本能を再現

    ハーブは、臓器を強化する強壮剤や増進物として機能したり、消化を助け、肝臓を浄化といった生理学的プロセスを刺激することで毒物を取り除くことなどの、自然の食事の働きをまねています。

    チコリー根 200 mg/kg
    ターメリック 200 mg/kg
    サルサ根 150 mg/kg
    アルテア根 150 mg/kg
    ローズヒップ 150 mg/kg
    ジュニパーベリー 150 mg/kg

肉とたんぱく質が豊富
高質肉原材料が85%も含まれるORIJEN Puppyは、子犬の自然の食事を正しく模写するよう、栄養満点で38%ものBiologically Appropriate「生物学的に適正」なたんぱく質が含まれているのが特徴です。

動物性脂肪が豊富
全ての子犬は、最適な育成を維持するために、栄養豊富な動物性脂肪を必要とします。ですから、ORIJEN Puppyは、レンダリング処理された脂肪ではなく、新鮮な家禽肉や魚、卵等、こだわりの原材料から自然に発生する脂肪を含むのが特徴です。

新鮮魚からのDHAとEPA
新鮮な海水魚は、DHAとEPAのBiologically Appropriate「生物学的に適正」な源であり、あなたの子犬の発育中の神経や免疫システムにとって極めて重要なものす。DHAとEPAは、亜麻やココナッツ、ひまわりなどの植物源からは、取れません。

低GI
あなたの子犬の自然な食事には、たとえあったとしても、わずかな炭水化物しか含まれていません。ですから、オリジンには、ジャガイモやタピオカといった高GI原材料が入っていませんし、炭水化物の量は、従来の子犬用フードの半分以下です。

グルコサミンとコンドロイチン
オリジンの新鮮な家禽肉、肉、魚は、豊富なグルコサミンとコンドロイチンの自然な源ですので、オリジン・フードに合成物質源は追加されていません。

あなたの子犬はユニークです。

あなたの子犬はユニークで、給餌の仕方も子犬の環境や年齢、運動量などによって異なります。

そのため、以下のガイドに沿って始められることを提案します。その後、体重の変化を観察し、必要に応じて給餌量を変えてください。与える回数は、1日2回をお勧めします。いつも新鮮な水が飲めるよう、水は頻繁に取り換えることを忘れないでください。

Orijen Puppy Biologically Appropriate Dog Food Feeding Chart

ORIJEN Puppyは、たんぱく質と脂肪由来のカロリーがより多くて、炭水化物由来のカロリーがより少なくなっています。これは、自然の食事を再現するカロリーの配分ですので、肥満や糖尿病になるリスクを削減します。

代謝エネルギーは、3960 kcal/kg (250ミリカップ1杯につき451 kcal) エネルギー源内訳:たんぱく質 由来 38%、野菜とフルーツ由来 16%、脂肪由来 46%。

私たちの BIOLOGICALLY APPROPRIATE 「生物学的に適正」な哲学

灰色オオカミは、あらゆるイエイヌの祖先であり、最も近い近縁種です。長年に渡るブリーディングの結果、何百種類もの「見た目が違うオオカミ」が生まれている一方、オオカミと犬との体内器官の働きは、全く変わっていません。ですから、彼らのフードへの必要条件が同じなのは、驚くにあたりません。私たちの生物学的に適正な5つの原則は、シンプルで、犬が食べるように進化してきた肉の鮮度とバラエティを再現しています。

  • 肉(85%)とたんぱく質(38%)が豊富

    あらゆる子犬は、鋭い歯と体の構造で、肉から得るたんぱく質と脂肪を代謝します。オリジンは、あなたの子犬の進化的そして生物学的ニーズに見合う栄養を与えるよう工夫されました。

    • 肉が85%(2/3が新鮮または生、そして1/3がゆっくりとディハイドレート)
    • 栄養満点の肉由来たんぱく質が38%
    • 私たちのフードに使われるに先立って、人間食材として認定を受けている動物の肉原材料を100%使用
    • レンダリングされた鶏肉や七面鳥肉、その他の肉ミール無し
    • ジャガイモやエンドウ豆からのたんぱく質といった、植物性たんぱく質エキスや濃縮物無し
    • タピオカやジャガイモ、米といった高GI炭水化物無し
    • グルテンや穀物無し
  • 新鮮肉の含有量へのこだわり(2/3)

    新鮮肉は、数々の受賞歴を誇るオリジンフードの基盤です。

    • 2/3の肉は、新鮮または生ですので、あなたの子犬に、最も自然に栄養を与える状態で必須栄養素を提供します。
    • 1/3の肉は、新鮮肉だけでは提供できない栄養の高いたんぱく質の濃縮源を作るために低温ディハイドレートされます。
    • オリジンは、レンダリングされた鶏肉ミールまたは七面鳥肉ミールを一切使わず、代わりにディハイドレート鶏肉や七面鳥肉を使います。
  • 豊富な肉の種類(6)

    自然界では、子犬は、バラエティに富んだ肉から恩恵を受けています。このバラエティに関して、従来の子犬用フードに見失われがちです。これら従来のフードは、多くの加工工程を通り、新鮮肉は希にしか使われず、鶏肉やラム肉などの単一動物原材料を使っているのが特徴です。

    ですから、受賞歴を誇るORIJEN Puppyは、Biologically Appropriate「生物学的に適正」なWholePrey肉比率で、子犬の万全な発育に栄養を与えるようバラエティに富んだ新鮮肉を含むことを特徴にしています。

    • ケンタッキー州の農場で放し飼いされた新鮮なコッブ鶏肉
    • インディアナ州の農場で放し飼いされた七面鳥肉
    • ケンタッキー州にある農場の巣に産み落とされた新鮮な全卵
    • ニュー・イングランド沖の大西洋で漁獲された新鮮で丸ごとのイエローテイルカレイや大西洋さば、大西洋ニシン
  • WholePrey肉比率

    オオカミやヤマネコのような食肉野生動物が、獲物を丸ごと食すので、母なる自然は、肉食動物の食事のニーズに完璧に見合うよう、丸ごとの餌動物の中に栄養を入れました。

    WholePrey肉比率は、自然の食事を再現し、新鮮肉と臓器肉、軟骨を比率よく組み合わせたオリジン・フードの進化を象徴し、合成サプリメントの長いリストがありません。

    WholePrey肉比率

    • 肉 – たんぱく質や脂肪、ビタミンA、B、D、K、銅、クロム、葉酸、鉄、マグネシウム、カリウム、セレニウム、亜鉛に欠かせません。
    •  臓器 – レバーや腎臓、心臓には、ビタミンやミネラル、健全な脂肪とアミノ酸といった、あなたの犬が発育するためのニーズを満たす殆ど全ての栄養が豊かに濃縮されています。
    • 食用骨 – カルシウムやリン、マグネシウム、カリウムなどを含むミネラルの豊富な源で、子犬の体に自然で吸収しやすい状態で提供されます。
  • 炭水化物制限(20%)

    犬や子犬は、炭水化物を栄養として必要としませんが、従来の子犬用フードには、ジャガイモやタピオカのような高GI炭水化物が大量に含まれています。これらは、しばしば肥満や糖尿病の主な原因と例証されています。

    レンズ豆やヒヨコ豆、スクワッシュ、青菜、フルーツ等を特徴にしたBiologically Appropriate 「生物学的に適正」なORIJEN Puppyは、たんぱく質が豊富で炭水化物が制限されたフードです。糖をゆっくりと放出するので脂肪の蓄積の可能性を大幅に減らします。

BIOLOGICALLY APPROPRIATE
地元産の新鮮な原材料
他社に製造を任せない